歯医者に通院する理由は大体が虫歯や歯周病の治療になり、虫歯の治療には保険が適応されるので安心して治療することができます。 しかし、オールセラミックなどの治療の種類によっては保険が効かないケースもあり治療費は違ってきます。 何故治療によって保険の適応か否かが変わってくるのか調べてみましょう。

虫歯や歯周病になる前に日常で気を付けること

虫歯菌と虫歯

毎日の歯磨き、ついつい面倒になりサボりがちになる人も多いと思います。
それが積み重なり、虫歯や歯周病になって歯が抜けてしまったときに後悔しても、抜けた歯は戻ってきません。
そうならないように日常で気を付けることは何があるのかを見ていきましょう。

虫歯の原因は、ミュータンス菌とよばれる虫歯菌と食べ物や飲み物の中にある糖分とが結びついて酸を出し、歯を溶かすことによって起こります。
このミュータンス菌は歯垢の中に多く含まれています。
また、この歯垢は歯茎に炎症を引き起こして歯周病の原因となります。
虫歯を予防したいのであればミュータンス菌をなくせばいいのですが、残念ながらミュータンス菌は口内常在菌なので除去することができません。
虫歯や歯周病を予防するには、歯垢をきちんと取るように、正しい歯磨きを行うことが大切です。

正しい歯磨きの仕方は、歯1本ずつ小刻みに動かしながら磨くことです。
歯と歯茎の間や歯と歯の間、奥歯や歯の裏側ときちんと意識して磨いていきます。
そして磨くときに力が入り過ぎないようにペンを持つように持つことも大切です。
そうすることにより歯の表面や歯茎を傷つけずに済みますし、細かな調節ができるため小回りもききます。
歯磨き粉はつけすぎないように1センチくらいの量で、最後のうがいは1,2回だけにしておくと口の中にフッ素が残ります。

予防するには歯磨き以外にも方法があります。
それが糖質を制限するという方法です。
糖質を取りすぎることは歯を守るためのエナメル質が溶けやすい状態になってしまいますし、また歯垢には細菌を多く含んでいますが、その細菌が好むものが糖質です。
また、野生動物に虫歯や歯周病がない理由は、草木の繊維や獲物の肉を自分の歯で噛み砕いて食べている生活をしているからです。
今は火を通して柔らかくするので細菌が増殖しやすいですし、柔らかいものは噛む回数を減らしてしまい、歯並びを悪くしたり顎を小さくしてしまう原因になります。
歯並びが悪いと歯垢を取ることが難しくなりますし、残った歯垢は虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。
子どもの頃からよく噛むように改善すると、そのリスクを減らすことができます。

現代はご飯や麺類やパンなど、手軽に美味しく食べられるものが多くありますが、それら炭水化物は同時に糖質も多く含んでいます。
歯磨きだけではなく、取りすぎている糖質を制限し、食生活も見直すことも虫歯や歯周病の予防にもなります。
将来多くの歯が残っていると、食事も美味しく食べることができますし、認知症や転倒リスクを下げることにもつがなります。
そのために、普段から、正しい歯磨きを行い、食生活にも気を付けることが大切です。