歯医者に通院する理由は大体が虫歯や歯周病の治療になり、虫歯の治療には保険が適応されるので安心して治療することができます。 しかし、オールセラミックなどの治療の種類によっては保険が効かないケースもあり治療費は違ってきます。 何故治療によって保険の適応か否かが変わってくるのか調べてみましょう。

歯医者でかかる費用には、大まかに分類すると保険適用されるものと保険適用されないものがあります。
歯医者の代表的な治療といえば、虫歯や歯周病の治療ではないでしょうか。
虫歯は口の中にいる細菌によって歯が溶けていく病気のことをいいます。
歯医者で治療をする患者歯周病は歯が溶けるのとは違って、歯の周りの歯周組織が溶けてしまう病気になります。
虫歯の治療では、まずレントゲンを撮影して虫歯になっている部分を検査するところから始まります。
そして、虫歯になってしまった部分を削って詰め物をしたり被せ物をしたりするのが一般的です。
虫歯が神経にまで到達してしまったような場合には、神経を抜かなければいけなくなることもあります。

虫歯の治療は基本的に保険適用になりますが、被せ物の種類によっては保険適用にならないこともあります。
例えば、オールセラミックやハイブリッドセラミックを使った被せ物は保険適用されず、自由診療となります。
自由診療なので費用は高くなりますが、耐用年数が長かったり自然の歯に近い見た目にできるといったメリットがあります。
歯周病の治療では、まず歯周組織の検査をして状態をチェックします。
それから歯石の除去やクリーニングを行って改善することを目指しますが、治らない場合には手術などの外科的な治療が必要になることもあります。
それから歯医者では、親知らずの抜歯なども行っています。
親知らずは奥に生えているので虫歯や歯周病になりやすいという特徴があります。
そのため虫歯や歯周病治療の一環として親知らずの抜歯を行うこともありますし、横に生えていたり斜めに生えていたり、埋没しているような場合にも保険適用となります。

一般的なクリニックで抜歯するのが難しいような場合には、大学病院などで手術が行われるケースもあるようです。
そのため親知らずの抜歯は保険適用になる場合がほとんどですが、美容目的で歯並びを矯正するために抜歯をする場合には保険適用はされません。
歯医者ではその他にも顎関節症の治療も行っています。
顎関節症とは口を開けると痛みを感じたり、口を開けたり閉じたりする時に音が鳴ってしまったりする病気です。
症状の程度には個人差がありますが、症状が重い場合には日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。
歯医者では噛み合わせの調整をしたり、マウスピースを使った矯正などを行って症状を改善させる治療などを実施しています。
顎関節症の治療は、保険適用になります。

保険適用されない歯科治療とは?

歯医者で保険適用されない歯科治療には、美容目的のホワイトニングや歯並びを良くする歯科矯正などがあります。
ホワイトニングとは歯を白くする審美治療になります。
ホワイトニングでは、歯の表面に付着している着色汚れを落とすことで歯を白くします。
薬剤などを使って歯を漂白するので、見た目が美しい歯を手に入れることができる治療法です。
それから歯科矯正は、矯正装置を使って歯並びを良くする治療法になります。
子供のための小児矯正というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
永久歯が生えそろう6歳から10歳頃までに治療を始めると、矯正しやすくなると言われています。

また、歯科矯正は子供だけが行うわけではありません。
永久歯が生えそろった大人を対象とした成人矯正もあります。
矯正方法も様々です。
口の中全体の歯並びを良くするものもありますし、気になるところだけ部分的に矯正する方法もあります。
歯並びを良くすることで噛み合わせも良くなり、咀嚼機能が向上したり発音が良くなったという人もいます。
歯科矯正に使用する装置にも色々な種類があります。
一般的な矯正方法は、歯の表面にブラケットを装着してワイヤーを通して歯を移動していく方法になります。
歯の裏側に矯正装置を取り付ける裏側矯正を行っている歯科クリニックもあります。

また、取り外しができるマウスピースを使用した歯科矯正などもあり、矯正していることを気付かれにくくすることもできます。
保険適用されない歯科治療には、その他にもPMTCがあります。
歯医者で行われているクリーニングには保険適用になるものとならないものがありますが、PMTCは自由診療となり保険適用外のクリーニングです。
保険適用されるクリーニングは、歯周病治療などの一環として行う場合です。
PMTCとはスウェーデンの歯医者が提唱した予防医療の1つで、医師や歯科衛生士が専門の機器を使って行う口腔ケアのことをいいます。
通常の歯磨きでは落としきれない汚れや歯石などを除去する口腔ケアになります。
歯みがきの仕方などをチェックして、どういう部分が磨けていないかなどの指導を行うこともあります。
虫歯になりにくくフッ素を塗布したり、トリートメント剤を使って仕上げることもあるようです。
PMTCは自由診療なので、その料金は歯科クリニックによって異なっています。
数千円程度のところもありますし、1万円以上の料金が設定されているところもあります。

歯医者選びには最新の設備が整っていることは重要です。
そのためやはり東京のような経済の中心となっている地域では最新の技術も受け入れられやすい傾向にあると言えます。
板橋区西台の歯医者などでも最新の設備が導入されている歯医者は多いです。
設備、利便性、信頼性など、様々な条件を考慮して歯医者を選ぶことをお勧めします。